ジェネリック医薬品とは

同一成分でも安く購入できるのがジェネリック

グラッシュビスタは、海外ではラティッセという名前で有り、同じ成分を含んだジェネリックには、ケアプロストやルミガンが有ります。では、このジェネリックとはどういう意味なのか簡単に説明いたします。

ジェネリックとは、日本語では「後発医薬品」と言います。
字のごとく、後から製造されたものがジェネリックという事になりますが、特許の切れた医薬品を別の製薬会社が製造したものがジェネリックとなるのです。

医薬品の特許期間は、20年間と定められているので、臨床試験をクリアして製造開始の許可が下りるまでにおよそ10年~15年もかかってしまうので、市販されてすぐに特許が切れてしまう場合もあります。

新しく医薬品が世の中に出始めてある程度の知名度になったころには、ジェネリック医薬品が多く存在してくるというケースは良くある事なのです。

元々の薬は、研究期間も長く研究開発費や臨床試験など、とにかく莫大な費用がかかります。一方のジェネリックは、仕上がった製品を分析して、同じ成分割合や同一の働きにするなどで済む為、トータルのコストもあまりかからないのです。

その為、ジェネリックの方が低価格で購入する事ができるのです。
個人輸入により国内で購入するより安いだけでなく、
ジェネリックとなる事で、リーズナブルに購入できるというメリットがあります。

また、ジェネリックと言っても、有効成分が同じものだったり製造方法や効果が同じものなど、色々な種類が存在するのですが、グラッシュビスタの場合は、ラティッセなどと同様、使用方法も同じなので同一のものと言っても過言ではありません。

有効成分のビマトプロスト自体が長い期間、緑内障の改善薬として使用されてきたという事も関係していますが、ラティッセと変わらない効果が得られてお得に購入できる事もあり、ジェネリックの利用者が多いのです。