リバイタラッシュアドバンス正規品

評価の高いまつげ美容液「リバイタラッシュアドバンス」とは

まつげを太くしたい。長くしたい。

女性なら誰しも、自分のまつげが外国人モデルのようなフサフサで見た目に栄えるまつげへの憧れは持っていると思います。

「もしも、自分のまつげを伸ばす事ができたら・・・」

実現すれば、自分の中にある”美”のポテンシャルが引き上げられたようでうれしいものですが、その期待を実現できる可能性を秘めたまつげ美容液がリバイタラッシュアドバンス(Revitalash Advanced)です。

>>リバイタラッシュアドバンスの詳細はこちら

まつげを伸ばす製品の中では、ラティッセのジェネリックであるルミガンやケアプロストも長く人気となっていますが、これらは、効果の反面、副作用として色素沈着やかゆみも出やすく好みが分かれていました。

その点、マイルドな働きのまつげ美容液というジャンルの中では、リバイタラッシュアドバンスがダントツの人気となっているようです。

でも、なぜリバイタラッシュアドバンスは、日本でもそんなに人気なのでしょうか?

その理由は、実際に日本でも多くの女性がリバイタラッシュアドバンスを使用して、まつげが伸びた実感を得ていて、口コミでも高評価だからと言えます。

やはり、たくさんの方の実感は重要ですね。

目次

他のまつげ美容液や育毛剤との価格比較

リバイタラッシュアドバンスは、確かな変化を感じたというユーザーも多く人気ですが、最初に価格を見ると、「うわっ!高い!」という印象をもたれがちです。

他の商品との価格差を確認する為にも、人気のまつげ育毛剤であるルミガンやケアプロスト、また、最近じわじわ来ているらしいディアベラなどと比べてみます。

■価格比較

商品名 内容量 正規価格 分類
リバイタラッシュアドバンス 3.5ml 13,200円 まつげ美容液
ディアベラ / アイラッシュ・コンディショナー 4.0ml 9,980円 まつげ美容液
ルミガンソルーション 3.0ml 1,750円 まつげ育毛剤
ケアプロスト 3.0ml 1,150円 まつげ育毛剤

まつげ美容液のジャンルで人気となってきているディアベラ(Dea Bella)と比べても、少々高めな印象がありますよね。

続いて、まつげ育毛剤のルミガンやケアプロストと比べると、相当高いと感じてしまうものですが、これは、どちらかというとリバイタラッシュアドバンスが高いというより、ルミガンやケアプロストが安すぎると言えます。

正規品 オンリーワン商品 複製できない 価格競争が起こりにくい
ジェネリック 汎用商品 複製できる 価格競争が起こりやすい

なぜなら、ジェネリックなので価格競争が起こるからですね。

個数 価格 1箱あたり
ラティッセ1箱 11,906円 11,906円
ラティッセ2箱 22,930円 11,465円
ラティッセ3箱 34,358円 11,452円

一方、ジェネリックではないラティッセの場合、個数が増えてもあまり割引になっていない事からも、ジェネリックだからこそ安くできる事がわかると思います。

こうして、その価格で売られている理由が分かってくると、正規品が割高なのは、正真正銘の本物であるという品質への信用度も含めての事なんだなとわかりますね。

安い価格で買う場合のリスク

「1回あたりのコスパを良くしたいから、一番安いところで買おうっと・・・」

このような考えでの購入は、注意した方が良さそうです。

安く販売されているという事は、何らかの理由が関わっている事もあるので注意が必要です。安いリバイタラッシュアドバンスの中には、以下に該当するものがあるかもしれないので十分にご検討下さい。

■安いリバイタラッシュアドバンスのリスク

リスク 内容
偽造品・模造品 中身が全く別のものである可能性だった・・・
並行輸入品 正規ルート以外の流通品だった・・・
消費期限ギリギリ 売れ残りを非正規ルートで安く仕入れたものだった・・・
古いバージョンのものが届く 在庫処分品が送られてきた・・・

このようなリスクは、ゼロではありません。

今では、ネット通販であらゆるものが購入できるようになったお陰で、利用する側の意識も高くなり、ちゃんと見極めて購入できる人も増えてきていると思います。

しかし、その反面、どのショップで注文しても流通経路が同じ正規品が届くという感覚になっている場合もあるので注意した方が良いと言えます。

特に個人輸入商品は、購入して何かトラブルが有っても自己責任となります。

中には、返品対応してくれないショップ、問い合わせしたら、中国のショップだったというケースもあるようです。

その点、正規品取扱店のリバイタラッシュアドバンスの価格は安くありませんが、ちゃんとした本物が届くので初めての購入(個人輸入)でも安心です。

>>リバイタラッシュアドバンスの詳細はこちら

正規品と並行輸入品の価格比較

楽天やアマゾンなどの大手ショッピングサイトで注文可能なリバイタラッシュアドバンスと正規品取扱店の価格を比べてみました。

■価格比較

取り扱い形態 最安値 最高値
正規品 13,200円
並行輸入品(アマゾン) 7,320円 14,300円
並行輸入品(楽天) 7,249円 14,904円

正規品のリバイタラッシュアドバンスの価格に対して、アマゾンや楽天のショップを経由して注文できる並行輸入品などは、安くて7千円弱+送料という感じだったので、総額8千円と見積もって5千円もの開きがあります。

そう思うと、結構割高な感じがしてしまいますが、最高値は、正規品販売店より高い価格となっていました。

正規品と日本販売品は中身が異なります

リバイタラッシュアドバンスは、アメリカで造られているまつげ美容液で、日本では、薬事法の関係上、個人輸入でしか取り扱いがありません。

最近では、”リバイタラッシュアドバンスジャパン”という日本で通販されているものもあり、同じ製品と勘違いされているケースもあるようです。

この二つは、具体的にどこが違うのでしょうか?

まず、商品名は似ていますが、パッケージデザインの違いから、正規品リバイタラッシュアドバンスか日本販売品か確認する事ができます。

大きな違いは、含まれている成分が正規品と日本販売品では異なる事です。

■含まれる成分の違い

日本で売られているもの(リバイタラッシュアドバンスジャパン)は、アメリカ正規品(リバイタラッシュアドバンス)を日本でも販売できるように中身を変更してあります。

薬事法の関係で使用できない成分が除外されている代わりに、日本でも認可されている成分に置き換えられているという事になりますが、それでも、効果は、さほど変わらないという情報もあるようです・・・。

実際の中身が正規品とは異なる事実に相違ありません。

また、日本で売られているリバイタラッシュアドバンスジャパンの販売ページでは、まつげを伸ばすという働きには、一切触れられていませんが、これも、薬事法上の関係から表示する事ができません。

日本販売品は、あくまでもまつげの見栄えをよくする美容液という扱いです。

このあたりの違いを意識してみると、日本製が良いのか、正規品が良いのかという判断がしやすくなるのではないでしょうか。

正規品は3.5mlで日本販売品は2mlの違い

正規品リバイタラッシュアドバンスと日本販売品で他にも異なる部分があります。

それが、内容量の違いです。

これらを踏まえて、コスパを比較してみました。

■正規品と日本販売品の単価

商品名 内容量 正規価格 1mlあたり 分類
リバイタラッシュアドバンス 3.5ml 13,200円 3,771円 まつげ美容液
リバイタラッシュアドバンス・ジャパン 2.0ml 10,584円 5,292円 まつげ美容液

こうして比較してみると一目瞭然ですが、高いと感じる正規品(3.5ml)の方が単価が安い事が分かります。

また、日本製では、1本あたり(2ml)で通常3ヶ月分の量になるとある為、正規品リバイタラッシュアドバンスで同様に使用すれば、5ヶ月以上持つ計算になります。

そう考えると、月額費用は、そんなにかかりませんね。

使い始めてからどの位で効果が出る?

リバイタラッシュアドバンスの場合、3~4か月使い続ければ、誰でも期待しているまつげフサフサを目指せるそうです。

実際に、以下の変化は、16週間という事で確かに4ヶ月位で大きな違いが見て取れます。

では、その効果を最初に実感できるのはいつ位からなのでしょうか?

リバイタラッシュアドバンスの場合、塗布し始めて3週間から10週間くらいの間で、効果を実感できる場合が多いようです。

これは、かなりバラつきがあると思います。

1ヶ月弱の人もいれば、2か月以上かかる人もいるということですから。しかし、考えてみると、まつげ美容液ってこんなものですから、そこはもう実際に使ってみて確かめるしかないのかなと思います。

むしろ、3~4か月後には効果もちゃんと付いてくる事がイメージできれば、長期間にわたる塗布も楽しいものにできるのではないでしょうか。

実際問題、塗布も一塗りするだけなので、全然手間でもありませんから。

リバイタラッシュアドバンス正規品の個人輸入方法

リバイタラッシュアドバンスの正規品は、先にもお伝えしたとおり、日本で販売する事ができません。具体的には、日本では、販売目的で在庫を持ち通販できるようになっていたらダメという事ですね。

この辺は、日本の大手ショッピングサイトを見てみると分かる事ですが、取り扱われているリバイタラッシュアドバンスが”並行輸入品”と書かれているという事は、輸入品としてしか扱う事ができないという意味になります。

また、並行輸入品というのは、正規販売ルート以外となるので、本物と言うことに変わらないものの、その点も気をつけなくてはなりません。

本来、正規品を入手するルートというのは、海外から発送してくれる輸入代行サイトに注文するというのが流れになります。

この時、海外のショッピングサイトに直接注文して、日本に送ってもらうというのも個人輸入になりますが、この場合には、注意しなくてはいけない事があります。

■海外サイト利用時の注意点

項目 内容
カードの不正利用 海外サイトなので下手にカードが使えない
返品交換対応の不備 取り扱って貰えないケースも少なくない
発送の遅延 商品到着が著しく遅い

こうした問題に直面する事もありますが、当サイトで紹介しているリバイタラッシュアドバンス正規取扱店なら、日本語対応、スタッフも日本人が対応してくれます。

また、送られてくる商品もすべてトラッキングナンバーが付いているので、今、どこにあるのか常に確認する事もできます。

何より、「日本では売られていないあの商品がほしい」というお客さんの需要に応え、かれこれ20年近くの運用実績があり、クレジットカード以外の支払い方法も利用可能です。

>>リバイタラッシュアドバンスの詳細はこちら