副作用について

グラッシュビスタの主な副作用は色素沈着です

グラッシュビスタの成分であるビマトプロストの主な副作用は、色素沈着です。
もしも、色素沈着の症状が現われたら、使用を3日ほど抑えると元の肌色に戻りますので、特に心配する必要はありません。

他には、充血やドライアイを引き起こす事がありますが、この場合も同じように、症状に合わせて使用を制限する事で改善されます。

本来は、緑内障の薬として、目に点眼使用していたものですので、目の中に入ってしまってもそんなに心配する必要は無いと、ニューヨーク大学のロバート・サイコ博士も説明しております。

ただし、元々は眼圧を下げる薬だという事をお忘れなく。

ビマトプロストには、毛周期を長くする作用、まつ毛の成長を促進する働きがありますが、他にも、メラニン色素の生産を活発にする働きがあります。メラニン色素の生産もまつ毛の見栄えには重要な要素で、色をより黒く濃くすることが見た目にハリを与えます。

ですので、色素沈着も仕方ない事なのですが使用を重ねる事でピンポイントで塗れるようになると色素沈着も目立たなくなります。
また、中には、普通に塗っても全く影響が出ないという方もおります。

他には、まぶた以外に塗ると液が染みた部位の毛が濃くなるという報告もありますので、くれぐれも塗りすぎには注意して下さい。

ただし、男性が頭皮に使用すると炎症を起こす場合もあるようなので、間違った使い方には注意して下さい。
正しく使用する為にも、使用に関する注意事項をご確認下さい。